カテゴリー別アーカイブ: 釣り

目の前で展開された”REAL ADJUST” – Bass Fishing at Lake Biwa, April 4

4/4の琵琶湖釣行は、贅沢にも前田さんガイド!

前回、3か月ぶりに琵琶湖に浮かび、いつも苦戦していた時期に釣ることができてうれしかったと同時に、明らかに自分が変化、成長していることに気づきました。その感覚を数人のアングラーの方に話してみると「わかる!」と非常に共感していただきました。

それは「経験を重ねるにつれ、ルアー → ライン → ロッド → リールから感知できる情報量がどんどん増えて、脳に浮かぶ水中のイメージが鮮明になっていく」ということです。
元々はただの振動として手に伝わっているだけなのに、多種多様なウィード(水草)の状態や湖底にある石や障害物のごりごりとした感触、水の流れや重さ、魚の気配など、水中のイメージが浮かびます。

きっと多くのアングラーは、一見アナログっぽい竿やリールといった道具を手にしながら、目の前の現実の世界と、バーチャルな水中の世界を同時に見て、感じて、体が反応しているのです。その感度、精度を上げるための製品技術も年々向上していて、すばらしいです。

特に、自分が使い込んでいるロッドやルアーを手にしているとき、その感覚はより一層研ぎ澄まされます。前回、買ったばかりのルアーから5年使い込んでいるルアーに変えたとき、「浮かび上がるイメージの鮮明さが明らかに違う」ことに気づきました。わたしはまだ経験が浅いので、そういう差が顕著に出たのでしょう。

そもそも最初は、キャストしてルアーをコントロールしようとするだけで精一杯。でも数を重ねれば体が覚えて無意識に動くようになり、脳にゆとりができ、徐々に視野が広がって感度が上がり、イメージが豊かになっていきます。そういうレベルアップを実感できるのが、楽しいです。

今回、20年以上琵琶湖のプロガイドを続けている前田さんにお世話になり、積み重ねられた経験に基づく圧倒的な状況把握・コントロール・判断能力を目にして、ほんとうに勉強になりました。

年々地球規模で気候が変動し、近年のデータが必ずしもあてにはならず、風、水温、天候、放水、湖流、波、水の濁り、ウィードの生え方、魚の動きなど多くの要因が目まぐるしく変化する中、広大な琵琶湖で魚を探し出して、膨大な釣り方の中からなにを使い、どう釣るかを判断するのは至難の業です。

2016/4/4の琵琶湖は夜間から降り始めた雨の影響で多少濁りが入ってきたエリアがあるものの、まだまだクリアでした。9時頃には雨もあがり、午後からは風が強くなってときおり波が高くなり、あまり釣りやすくない状況。

SKEETERで出発!

img_9844.jpg

HONDEXの魚探の映像でバスやベイトフィッシュの位置を確認しながら、「こういうところにいるバスはまだニュートラル(捕食モードではない)」とか、詳しく解説していただきました。

img_9862.jpg

早々に1尾目ゲット!

img_9845.jpg

クラップクロー、いまや入手困難ですが、SNSでお願いしたところ関東の方に送っていただきました、ありがとうございます🙇

さらに、クラップクローで47センチ♪

img_9858.jpg

img_9853.jpg

あたったのに取れなかった魚も多く。まだまだ修行が足りません。

夫も連発🐟🐟

img_9891.jpg

 

夕方、風が吹き荒れるタイミングで特大狙いで大きく移動。「このタイミング、この場所でしか釣れない天才バスを狙う」宣言にますますテンションアップ!

でも、とても難しい釣り方でそもそもガイドのお客さん向きではないらしく、「食わせるのも難しいし、食わせたとしても掛けるのがさらに難しい」と何度も説明していただきました。でも、リスクをとらずして、特大の賢いバスを釣ることはできないのです。

こんな感じで、底付近にバス、中層にベイトフィッシュがたまっています。

img_9879.jpg

前田さんご自身がロッドを握るのはほんとうに短い時間なのですが………衝撃のお手本フィッシュ!どーん!

まさに、REAL ADJUST!!

img_9878.jpg

強風の中、たっぷりレクチャーしていただき徐々に感覚がつかめたところで、残念ながらタイムアップ。

img_9871.jpg

楽しい1日はあっという間に過ぎていく。お昼ごはんを食べるのも忘れていました。

琵琶湖に行くと、毎日が、1分1秒が、まったく違う二度と訪れない瞬間の積み重ねだということを実感します。去年と同じ頃に行っても、同じ顔を見せてくれることはまずありません。自分自身もまた、変わっていきます。年とともに衰える部分もあるけれど、長い沈黙を経て釣れた感動は我慢強さとなり、積み重ねた経験は確実に力になっています。そんな成長を感じさせてくれるバス釣りに、魅了され続けています。

img_9889.jpg

初バスはジャークのあとで。- Bass Fishing at Lake Biwa, March 16

今年初琵琶湖釣行!

前回から3か月ぶり。
今回新投入のダイワのこのシューズ、履き心地良いです♫

img_9646.jpg

 

桟橋が凍るほどの冷え込み。Rangerをレンタルして、6時半スタート。

癒しのひととき。日頃のやさぐれた気分も浄化されるよう笑

天気予報では0℃〜16℃の予報でしたが。

マイナス2℃❗️

今日は、というか今日も、巻く気満々💪

img_9536.jpg

いい感じのウィードに触ると、テンションアップ↑

 

でも、3月の琵琶湖は甘くない。毎年、この時期はノーバイト祭り…。

2時間ほど巻き続けると、腕が早くも筋肉痛。日頃お世話になっているガイド前田さんから

「最近は夕方に釣れることも多いので体力温存した方が良い」

との貴重なアドバイスのメッセージをいただき、無理するのはやめ笑

右手を休ませようと、クランクをミノーに変えて、久しぶりのジャーク。

ジャークしやすいコンストリクターは持ってきていなかったので、そのままソリッドセッターで。私はこれまで9割方ソリッドセッターで釣っているので、ソリッドセッターは自分の右腕というかむしろこっちが本体じゃないかくらいの勢いで体に馴染んでいる。

いつもクランクばかり使ってしまうけれど、ミノーは厳しいときでも大きいのが釣れる良いイメージがある♫

 

そして、今日も。

7〜8投したところで、ぐいーんと引っ張られる手応え‼️

img_9658.jpg

キターーーーーー!

img_9637.jpg

がっつり、ハーモニカ食い!

バリソンミノー130SPレッドリータイガー。春はやっぱり、赤なのか⁈

 

IMG_9606-1

51センチの、今年初バス!🐟

ますますテンションアップして体力も精神力も一気に回復!

………

しかし、再び沈黙。我慢の時間がさらに6時間続く。

合間に湖上のゴミ拾いもしつつ。

img_9664.jpg

最後のユウガッタチャンスにかけて、カネカへ移動。他のボートも多い。

魚探でわかるウィードの高さと、リールから伝わるウィードの感触を頼りに、こまめにルアーを変えてレンジを合わせるよう努め。

ボート際5mくらいのところでガツンと手応え!

img_9648.jpg

コリガンマグナム350に待望のクランクフィッシュ!42センチ!

img_9647.jpg

ようやった!

ボウズ覚悟だったけど、最高の1日に💗

バリさむで、バリソンな、今年初釣行でした🐟🐟

2015年釣り納め〜苦しいときの神ガイドさん頼み

 

2015/12/9。11月の釣行予定は爆風予報のため中止したので今回、約2ヶ月ぶりの琵琶湖。前々回同様、ガイド前田さんにお世話になりました。

ガイド前田さんのクリスマス限定ステッカー。よく見ると「Merry X’bass」!  😀

12205000_953974758016783_1422645595_n

 

オイルメンテナンスでリールも準備万端✨飛びます!飛びます!

IMG_7985.JPG

 

2015年、気象予報士さんが選ぶ今年の天気を表す漢字は「変」だったそうですが。
琵琶湖も例外ではなく、いつもの冬の釣りが通用せず、フタを開けてみないと、いやフタを開けてもなかなかわからない状況のようです💦

それでも、小春日和の予報にそこはかとなくビッグフィッシュを期待しつつ、朝7時に集合。

どーん!いつ見てもかっこいいスキーター!

IMG_7938

IMG_7991

IMG_7994

昨日までいたお魚が消えている…魚探を見ながら首をかしげる前田さんでしたが、今月編み出したばかりというマル秘の釣り方を早速レクチャーしていただきました😊

朝一は反応がなく。前田さんもしばし本気モードに。

IMG_7941

やがて連発!🐟🐟 ガーサス!

お手本フィッシュにならって、わたしも集中モード。
そして。

わずかなアタリ。「きた!」すかさず巻き合わせ!

1本目🐟💕

IMG_7965.JPG

なんかちょっとわかった気がする!そして。

2本目🐟🐟

IMG_7966.JPG

夫も小バスちゃんながら連発🐟🐟

前田さんの「このサイズが食ってきたら大きいのも出るはず」のアドバイスどおり…

お喋りしている最中に、ふっ…コツコツ!というアタリ💡

「きたー!」と言いつつ巻き合わせ❗️🎣

のったー❗️

やったー❗️❗️

IMG_7967.JPG

cf68f914

49.5 cm! うれしーい✨

IMG_7945

でもここで、わたしの致命的な癖が発覚。せっかく巻き合わせしても、無意識に竿を戻してラインテンションを抜いてしまうのです💦 これまでクランクやミノーばかり使っていたので、バラすことはほとんどなかったのですが。

そのせいで、この後1匹バラしてしまいました…でも、指摘していただかないとわからないのでこれも勉強。

午後からは少し巻物も。先月買ったばかりのコリガンマグナム250初フィッシュ!😊

IMG_7964.JPG

随時、魚探の映像やこの時期のほかの釣り方など、いろいろ解説していただきました。
魚探には、バスに追いかけられて逃げるベイトフィッシュの姿までばっちり!技術の進歩はすばらしい!ほしい‼️笑

厳しい時期にいろいろと勉強させていただいて、また釣りの幅が広がったように感じました。釣りの世界はどこまでも広く、深い…🌊

IMG_7987

最後はちゃっかり、スキーターの運転席にも座らせていただきました笑

IMG_7961.JPG

毎年丸坊主だったこの時期にいいお魚に出会えて大満足です😆
来年も、いい釣りができますように。

琵琶湖最高。バス釣り最高