タグ別アーカイブ: 釣り人による清掃活動

第7回マザーレイクフォーラム(1)参加にあたって〜釣り人による清掃活動

2017年8月26日(土)。
釣り人による清掃活動(団体名:淡海を守る釣り人の会)として、滋賀県のマザーレイクフォーラム「びわコミ会議」に参加し、午前の部の各団体による活動報告で清掃活動について発表する機会をいただきました。

 

 

マザーレイクフォーラム「びわコミ会議」とは…(公式HP http://mlf.shiga.jp/biwacomi より引用)

琵琶湖流域に関わる様々な主体が、お互いの立場や経験、意見の違いを尊重しつつ、思いや課題を共有し、琵琶湖の将来のために話し合うとともに、マザーレイク21計画の進行管理の一部を担い、評価・提言を行う場です。

びわコミの「びわ」は琵琶湖を指し、「コミ」は英語のコミュニティ(地域)、コミュニケーション(対話)、コミットメント(約束)の頭文字を指しています。

びわコミ会議は、運営委員会で設定されたテーマに基づき1年に1回開催しています。

びわコミ会議では、結論や合意を得ることに必ずしも固執せず、参加者の思いや課題を互いに共有することに主眼を置いており、お互いの考えの共通点や相違点を見出して、各自ができることを考える場となることを目指しています。」

 

なぜこのような大きな場で発表できたのか。それは、今年2月に「淡海の川づくりフォーラム」に参加し、マザーレイクフォーラム賞をいただいたことがきっかけです(そのときの模様はこちら)。

せっかくのこの機会に、5分間で、なにをお伝えすればよいのか。なにができるのか。

打ち合わせにあたって、コンセプト動画的なスライドを作成しました。その内容がこちらです(当日発表したものは時間の都合により構成を変更した短縮版です)。

 

ここで誤解してほしくないのは、私たちは清掃活動の見返りを要求するために活動しているわけではない、ということです。

清掃活動はあくまで、地域の方とつながるきっかけ作りに過ぎません。

滋賀県の外からやってくる釣り人が、ただ琵琶湖で釣りをして帰っても、その地域の方と知り合い、コミュニケーションをとれる機会はなかなかありません。

ある日突然、浜大津にゴジラが出現して、爆弾を積んだバスボートで一斉攻撃するよう要請を請けるなんてことは、現実には起こりえないし。

8月のある朝目覚めたら、自分の体が滋賀県の研究者さんの体と入れ替わっていて、協力して琵琶湖の秘密を解明するなんていう前前前世な展開も残念ながら、期待できそうにありません。

私たちの場合は幸運にも、清掃活動主催者の津熊さんが国土交通省ウォーターステーション琵琶の流域連携支援室にコンタクトをとったことがきっかけで、さまざまな団体の方をご紹介いただき、清掃活動にもご協力いただくことができました。

 

実際、今回のマザーレイクフォーラムでも、こんな出会いがありました。
午後の部のテーブル別ディスカッションで私たちのテーブルのテーマは(琵琶湖を)『つり「人」で活かす』だったのですが、このテーブルに参加してくださった地元の女性は、釣り人が残していくゴミに悩まされていて、でも釣り人に直接注意するなんて怖くてできなくて、

「私自身の憂いとまさに一致する発表内容だったから、このテーブルに参加しました」

と、おっしゃっていました。

顔を合わせて言葉を交わすことで、お互いの思いを語り、お互いの立場を理解して、ただ批判するだけでは生まれないプラスを生み出すことができるかもしれません。

今回のマザーレイクフォーラムでも、釣り人として温かく迎えていただいただけでなく、素晴らしい出会いや交流の機会があり、貴重な経験ができました。

その内容を、次回はレポートします。つづく。