カテゴリー別アーカイブ: 仕事

サンディエゴで2017年初バス!〜Bass fishing at San Vicente Reservoir, San Diego

2/26(日)。アメリカ滞在5日目。

サンディエゴのSan Vicente Reservourで、トーナメントプロでもあるMarkさんに夕方2時間、バス釣りガイドをお願いしました。

サン・ビセンテ(発音はビツェンテに聞こえる)リザーバーは地域の水源確保を目的とした増水工事のため長年閉鎖され、昨年、8年ぶりに開放されました。当然その間手つかずだったビッグフィッシュを狙って、多くのアングラーで賑わっています。

このリザーバーで釣りをするには、カリフォルニア州のフィッシングライセンスに加えて、リザーバーの使用料8ドルが必要です。

チケットと一緒に渡される注意書きには、このリザーバーはあくまで「地域の飲料用水」なので、放尿禁止、必ずトイレを使うこと、ゴミも捨ててはいけません、オイルが漏れないように、などなど、守るべきマナーがずらっと書かれています。

ゴミ箱もたくさん設置されています。

地域の職員さんも常時監視しており、管理体制がしっかりしていることがわかります。

 

当日は気温も10℃前後と寒く、ときおりにわか雨が降り、しかも強風。タフコンディションだったのか、私たちが釣りをはじめようという15時頃には続々とボートが帰着していました。

Markさんを待つ間、しばしおかっぱり。

でも・・・どクリアで魚影まったくなし!

今回の出張で同行しているお2人はたまたま、それぞれトップ、ボトムの釣りがお得意で、わたしは中層が好きなので異なるレンジを同時にサーチしていくことができましたが・・・

無。どこまでも静かでクリア。

なんの手応えもないまま早々にギブアップ。

途中ラインごみが落ちていたので、いずこも同じ、と嘆きつつ拾いました。といっても、落ちていたのはたったこれだけ。全体的にかなりきれいに保たれているのは確かです。

 

Markさんが到着し、昨年7月以来の再会!

うっとりするような美しいスロープからランチング。最高。

 

爆風に吹かれながら、立木付近にスイムベイトを通したり、岸際にジグを落としたり。

増水工事によって、Markさんが子どもの頃によく釣っていた島は水中深くに沈んでしまっているのですが、そこに魚が集まっているそう。魚探にも魚が!

Markさんはお得意のダウンショットで早々にキャッチ。さすが。

Sさんも、見事アメリカ初バスをゲット!

強風と寒さに震えながら粘ったものの、あっという間に日が暮れてタイムアップ。

湖上を監視する警察のボートに半ば追いかけられながら笑、帰着することになってしまいました。

でも、戻りながらMarkさんがエンジンの爆音にも負けない大声で何度もこう言いました。

まだ諦めないで。桟橋にボートをつけて、車を取りに行くまでの間、まだ時間があるから。いまはプリスポーンの時期で、桟橋に向かってチャネルラインがあって、そこに魚が入ってくる。
だから、ボートからキャストし続けて。

できるだけ遠くに、キャストして!

釣れるから!絶対に!

 

ボートが桟橋につくやいなや、Markさんの十八番のダウンショットをリグったスピニングを手に取り、強風にも負けず、渾身のキャスト。

遠くへ。できるだけ遠くへ。

 

・・・いや全然近いけど!!!(へたくそ)

 

しかも。痛恨の根掛かり(stuck!)

 

ロッドをしゃくって、しゃくって、やっとはずれたと思いきや、まだ重い。

 

まだ重い。

 

巻き続ける。

 

ラインが、走っている。

 

重い!

 

重い!!!!!!

 

釣れたーーーーーー!

 

45アップは確実!

車で戻ってきたMarkさんに、”I got  a BIG Fish!!!!!” と叫ぶと大喜び!

“I told you!” ほらね!!!

 

2017年初バスは、カリフォルニア州サンディエゴでのラストキャスト!

またひとつ、忘れられない思い出ができました。

 

釣行後はMarkさんが子どもの頃から通っているという地元のイタリアンレストランへ。

特大のピザとサラダを食べながら、釣り、リールのメンテナンス、アメリカでのビジネス、家族、いろんなお話をしました。

短時間の釣行ながら、新鮮な体験と一匹の感動をもたらしてくれた San Vicente Reservour.

自然の中で五感六感をフル稼働させるバス釣りの醍醐味を、久しぶりに味わうことができました。