カテゴリー別アーカイブ: 仕事

サンディエゴで2017年初バス!〜Bass fishing at San Vicente Reservoir, San Diego

2/26(日)。アメリカ滞在5日目。

サンディエゴのSan Vicente Reservourで、トーナメントプロでもあるMarkさんに夕方2時間、バス釣りガイドをお願いしました。

サン・ビセンテ(発音はビツェンテに聞こえる)リザーバーは地域の水源確保を目的とした増水工事のため長年閉鎖され、昨年、8年ぶりに開放されました。当然その間手つかずだったビッグフィッシュを狙って、多くのアングラーで賑わっています。

このリザーバーで釣りをするには、カリフォルニア州のフィッシングライセンスに加えて、リザーバーの使用料8ドルが必要です。

チケットと一緒に渡される注意書きには、このリザーバーはあくまで「地域の飲料用水」なので、放尿禁止、必ずトイレを使うこと、ゴミも捨ててはいけません、オイルが漏れないように、などなど、守るべきマナーがずらっと書かれています。

ゴミ箱もたくさん設置されています。

地域の職員さんも常時監視しており、管理体制がしっかりしていることがわかります。

 

当日は気温も10℃前後と寒く、ときおりにわか雨が降り、しかも強風。タフコンディションだったのか、私たちが釣りをはじめようという15時頃には続々とボートが帰着していました。

Markさんを待つ間、しばしおかっぱり。

でも・・・どクリアで魚影まったくなし!

今回の出張で同行しているお2人はたまたま、それぞれトップ、ボトムの釣りがお得意で、わたしは中層が好きなので異なるレンジを同時にサーチしていくことができましたが・・・

無。どこまでも静かでクリア。

なんの手応えもないまま早々にギブアップ。

途中ラインごみが落ちていたので、いずこも同じ、と嘆きつつ拾いました。といっても、落ちていたのはたったこれだけ。全体的にかなりきれいに保たれているのは確かです。

 

Markさんが到着し、昨年7月以来の再会!

うっとりするような美しいスロープからランチング。最高。

 

爆風に吹かれながら、立木付近にスイムベイトを通したり、岸際にジグを落としたり。

増水工事によって、Markさんが子どもの頃によく釣っていた島は水中深くに沈んでしまっているのですが、そこに魚が集まっているそう。魚探にも魚が!

Markさんはお得意のダウンショットで早々にキャッチ。さすが。

Sさんも、見事アメリカ初バスをゲット!

強風と寒さに震えながら粘ったものの、あっという間に日が暮れてタイムアップ。

湖上を監視する警察のボートに半ば追いかけられながら笑、帰着することになってしまいました。

でも、戻りながらMarkさんがエンジンの爆音にも負けない大声で何度もこう言いました。

まだ諦めないで。桟橋にボートをつけて、車を取りに行くまでの間、まだ時間があるから。いまはプリスポーンの時期で、桟橋に向かってチャネルラインがあって、そこに魚が入ってくる。
だから、ボートからキャストし続けて。

できるだけ遠くに、キャストして!

釣れるから!絶対に!

 

ボートが桟橋につくやいなや、Markさんの十八番のダウンショットをリグったスピニングを手に取り、強風にも負けず、渾身のキャスト。

遠くへ。できるだけ遠くへ。

 

・・・いや全然近いけど!!!(へたくそ)

 

しかも。痛恨の根掛かり(stuck!)

 

ロッドをしゃくって、しゃくって、やっとはずれたと思いきや、まだ重い。

 

まだ重い。

 

巻き続ける。

 

ラインが、走っている。

 

重い!

 

重い!!!!!!

 

釣れたーーーーーー!

 

45アップは確実!

車で戻ってきたMarkさんに、”I got  a BIG Fish!!!!!” と叫ぶと大喜び!

“I told you!” ほらね!!!

 

2017年初バスは、カリフォルニア州サンディエゴでのラストキャスト!

またひとつ、忘れられない思い出ができました。

 

釣行後はMarkさんが子どもの頃から通っているという地元のイタリアンレストランへ。

特大のピザとサラダを食べながら、釣り、リールのメンテナンス、アメリカでのビジネス、家族、いろんなお話をしました。

短時間の釣行ながら、新鮮な体験と一匹の感動をもたらしてくれた San Vicente Reservour.

自然の中で五感六感をフル稼働させるバス釣りの醍醐味を、久しぶりに味わうことができました。

サンディエゴでおかっぱり〜Bass fishing at Santee Lakes, San Diego

2/22から仕事でアメリカのカリフォルニア州サンディエゴに滞在しています。

仕事ではあるものの、できれば本場アメリカのバスを触りたくなるのが釣り人の性。釣りの用意もしていきました。
Huge Custom 64はふだん琵琶湖でビッグベイトなどを投げるのに使っていますが、3ピースなので大型のスーツケースにすっぽり収まってしまいます。便利!

 

渡米準備中。一応通訳係やのに釣る気まんまんな人w

Ai Tashiroさん(@ai9innings)がシェアした投稿 –

スーツケースはサムソナイトのファイヤーライト(サイズ52x75x31cm、容量93リットル、重さ2.9kg)をレンタル。軽くて大容量でおすすめです。

サンディエゴの釣具店でおかっぱり(岸釣り=shore fishing 、bank fishing)できるところを尋ねると、数人の方が Santee Lakesを勧めてくれました。
釣りはもちろん、ボート、バーベキュー、キャンプ、ラジコンボートなど、水辺でさまざまなレクリエーションを楽しむことができます。

ここは、駐車場代4〜5ドルを支払うだけで釣りができて、州のフィッシング・ライセンスは不要です。

1番から7番まで、番号の付いた小さな湖が並んでいます(6、7はキャンプ客専用)。
それぞれ地形やストラクチャーが異なり、人によっておすすめの場所が違うところが面白くて、5番はビッグフィッシュがいるけどハイプレッシャーとか、1番のこのエリアでワッキーリグで釣れる、とか、先週5kgフィッシュがでたとか、いろいろ教えてもらいました。各湖の側に駐車場があるのでアクセスも良好です。

普通のゴミ箱の横に、水道管のような釣り糸専用のゴミ箱もありました。素晴らしい。

体が不自由な方でも、だれでも利用できるように配慮され、そのための寄付も募集していました。

FISHING PIER FOR PEOPLE WITH DISABILITIES.
体が不自由な方のための釣り用桟橋。

 

あまり時間もなく今年初バスに出会うことはできませんでしたが、整備された豊かな環境を堪能できました。

水辺はやっぱり最高の癒やしスポット。地元の方が気軽に声をかけてくださったりして、幸せなひとときでした。

小さな変化の積み重ね

キーボードを叩き続ける仕事がら、冬場は肩こりや手首の腱鞘炎に悩まされがち。今シーズンはそこに肘の痛みも加わった。この一年で仕事の受注ボリュームも増えて(法人化の効果かどうかは不明だけど、得意分野の案件が増えたのは間違いなく奏功している)、体もやたら痛いし、これまでの仕事の取り組み方ではまずいと、改めて行動パターンを変えてみた。

過去には2〜3時に寝て6時起きなんて時期もあったし元々細切れ睡眠が多いけど、体力が年々落ちてきて睡眠不足もダイレクトに響くようになったのを実感。

寝付きの悪さを改善するため昼間はなるべく歩くようにして(太陽の光も浴びる)自転車にあまり乗らなくなった。大阪城公園の緑にも癒される。

11月頃の写真。

炭水化物を取りすぎて昼間に急激に眠くなることがあるので(昼寝して夜眠れないパターン)、昼食は軽めで野菜中心、ちょっと空腹くらいにする。これで昼間の作業効率がアップ。

後回しにしがちだった作業は朝イチに終わらせる。やってみたら意外に短時間で終わって気持ちよくメインの作業に集中できる。

SNSはいちいちログアウトして、長時間滞在しないようにする。

集中したいときはiPhoneはほかの部屋へ(Apple Watchがあるので確認が必要な通知や電話の着信は届く)。

日付が変わるころには寝る準備。最近は6〜7時間は眠れているはず。

書いてみるとなんてことない。ごく普通。

だけど、なんてことない習慣の積み重ねが大きな影響力を持つ。大きな案件を前倒しで納品できてしみじみ実感。

あちこち痛むのは難儀だけど、変えなくちゃ、というサインなのだから、いいきっかけになればそれでよし。

起きた問題について過去を責めても仕方がない。今できること、変えられることからやればいい。人生全般にいえること。

翻訳仲間の皆様に好評のRollerMouse Redも届いた。手首や肩の痛みがなくなったそうなので楽しみ。

次の課題は、休日にちゃんと、休むこと。

では、岩盤浴にいってきます🤗