釣りと社会福祉。〜NEW CURRENT WORKS様

 

初夏の気配もひとやすみ、小雨降るGW。

NEW CURRENT WORKS様(NPO法人サンフェイス様)を訪問し、釣り人による清掃活動をご紹介しつつ、CURRENT様の社会福祉事業についてお話を伺いました。

オフィス隣で運営されているカフェ。各地の福祉作業所で製作された商品がディスプレイされています。

 

フィッシングスタイルに新しい”流れ”を

障がいのある方々が働く福祉作業所の技術を使用し、
フィッシングに特化したモノ作りをおこないます。

—NEW CURRENT WORKS

 

釣り関係以外にもさまざまな事業を手がけられていて、B.S.C Rainbow Worksというプロジェクトでは、各地の福祉作業所の技術を組み合わせて、またさまざまなブランドやアーティストの方とのコラボレーションを通じて、さらに価値を高めた製品づくりをされています。

「さをり織り」の端切れを活用したバッグも、そのひとつ。独特の風合いが魅力で、人気商品だそうです。

わたしもひとつ購入!裾の部分がだんだんほつれてくるのがまた魅力だとか。

こちらは、和歌山の塩をつかった「しおラスク」。

 

すてきなモノとの出逢いを通じて、さまざまな技術や福祉作業所について知るきっかけが生まれます。

『すべての子ども達に、夢は必要だっっ!!』
SUNFACE様HPより

 

インスタで早速、釣り人による清掃活動もご紹介いただきありがとうございます🙇

これもまた、バス釣りがもたらしてくれたご縁です。

いいお話をたくさん伺えました。代表の久田様、ありがとうございました☺️