釣り人だけじゃない「釣り人による清掃活動」

 

【‪ファーストコンタクト】
最初の接触。異なる文明・文化をもつ者どうしが初めて出会うこと。
– デジタル大辞泉より。

そんな貴重な1日でした。

第8回「釣り人による清掃活動」は、「釣り人以外」の団体の皆様と共同で開催されました。

私は今回からお声がけいただき、昨秋の霞ヶ浦53pick upで学んだことなどを共有させていただきました。が、ほぼすべての準備と調整は主催者のTさん、Zさんのお2人が一手に引き受けてくださいました。
大阪から何度も滋賀に足を運び、いろいろな方々との打ち合わせ、調整、許可申請、損保の加入、駐車場確保など、大変な労力を注がれていました(事前にSNSなどで告知していないのは、そういった調整の難しさも要因の1つです)。

‬ ‪フタを開けてみるまでわからないというけれど、そもそも見過ごされてきたフタを見つけてくださった主催者様と、あれよあれよという間にさまざまなパイプをつなげて全開放水ばりの怒濤の勢いで進めてくださったウォーターステーション琵琶様の多大なご尽力により、釣り人以外の団体の皆様と共同での清掃活動が実現しました!

そして

国土交通省・ウォーターステーション琵琶

琵琶湖河川レンジャー

NPO法人瀬田川リバプレ隊

草津湖岸コハクチョウを愛する会

の皆様と、一緒に清掃活動を行い、交流する機会をいただきました。

※追記※  清掃活動にあたって、大津市に唐橋公園および緑地の使用許可をいただき、また、集めたゴミも大津市が回収してくださいました。ありがとうございました。
また一連の手続きについて国土交通省のウォーターステーション琵琶様にご指導いただきました。ありがとうございました。

img_4422-2.jpg

img_4423-2.jpg

今回の清掃場所は瀬田川東岸。
朝8時集合で、自己紹介とスケジュールの説明があり、ゴミ袋、火ばさみ、軍手が配布されました。

img_4431.jpg

img_4432.jpg

img_4433.jpg

img_4427-1.jpg

主催者のお2人。本当に、おつかれさまです。

img_4435.jpg

ウォーターステーション琵琶のT様。今回とてもとてもお世話になりました。琵琶湖や河川のこと、生物のこと、多様な引き出しをお持ちです。またゆっくりお話を伺いたいです。

img_4457.jpg

早速がんがん拾っていきます。

img_4519.jpg

img_4443-1.jpg

バスフィールドてんちょも大量に拾ってます。

img_4447.jpg

img_4440.jpg

拾い終わったら分別開始。

  img_4449.jpg

img_4448.jpg

手書きの名札が絶妙に似合う説明不要の皆様。
発信の影響力が大きい方ばかりなので、参加していただけるのは本当にありがたいです。

16406874_1274317309315858_1356183995060994733_n

一般ゴミが15袋、ペットボトルが5袋、ビンカンが3袋。

 

総勢26名。おつかれさまでした!
瀬田川リバプレ隊の方からも「またいつでも呼んでください」「次は浜大津をやりましょう」という力強いお言葉をいただきました。

 

清掃が終わった後も、他の団体の方とさまざまな情報交換が行われました。

瀬田川愛にあふれる河川レンジャー様。

 

琵琶湖河川レンジャーの眞田さん。 住民、湖や河川の利用者と行政をつなぐ活動に従事していらっしゃいます。今後はウェイクボード、カヌー、ボートなどの各利用者、漁師さん、岸の釣り人も含め、お互いの立場や状況を理解、尊重できるように活動したい、瀬田川に夢中になる人を増やしたいとおっしゃっていました。溢れる瀬田川への愛。素晴らしい✨ また、眞田さんご自身ボートを漕ぎながら釣り人の邪魔にならないか気を遣ってくださっていて、釣り人側も練習に励む方たちを温かく応援できるようになればいいなと思いました。 お互いのことを知り、マナーやルールを守れば、もっと琵琶湖や瀬田川のレジャーは楽しくなるはず☺️

Ai Tashiroさん(@ai9innings)が投稿した写真 –

カメラを遠隔操作している私が変な格好ですみません<(_ _)>

みなさま本当に、おつかれさまでした。 また逢いましょう。琵琶湖&瀬田川で♪