水面直下のバトルに参戦。ボイルシューティング!~Bass Fishing at Lake Biwa, September 23

2016/9/23の琵琶湖釣行。

5時過ぎから準備を始めたけれど、あたりはまだ暗い・・。

14424120_1142465415834382_2018556947_o 

台風後のなんかイイコトを期待して朝から暗闇でにやける私..。

朝イチはこんな雰囲気(動画)。

 

白い琵琶湖 #bassfishing #lakebiwa

Ai Tashiroさん(@ai9innings)が投稿した動画 –

 

台風の影響で流木や枝などが浮かんでいる。

午前中はあちこちさまよって、クランク、チャター、スピナーベイト、ビッグベイト、ミノーなどいろいろ投げても反応は得られず。

期待していた台風後のイイコト、どこ・・・?

午前中の釣果は、下物のギルが浮かんでいるエリアで夫がキャッチした小バスちゃんのみ。ルアーはコリマグ250。

その唯一の手がかりに期待して、午後に再び下物に入り直し。

風がおさまったおかげで、水面近くにいるギルの波紋が広がるのがよく見える。小雨の降るように、ぽつんぽつん、と。

やがて、大きなボイルが。バスっぽい!

ボイルを狙ってキャストしていると、夫のサカマタ6インチにヒット!

わたしもリアライザーJr.をキャストし、ようやく!40cmをキャッチ。
(我が家ではどちらかが釣れても同じルアーは使わないという暗黙のルールがある。もっと釣れる方法が見つかるかもしれないから)

14445870_1143177112429879_788033396_n

以前にも、ボイルがあったときにすかさずリアライザープロップJr.をキャストして一撃で釣れたことがあった。プロップも釣れる↓

 

水面近くにいる逃げ遅れた鈍くさい子のつもりで、ハイギアリールだけど気持ちゆっくり目に引いている。

多少ウィードが濃くてもすり抜けてくれるのでコリガンを通しにくいときにも使う。どクリアでも下からバスが喰ってきたことがあり、隠れたエース的存在。

やっぱり頼りになるなあと思いつつ、次の大きなボイルにそなえて短めのキャストを繰り返しながらボイルがあったらすかさずキャスト。

そして。

大きい子キターーー!

14459942_1142461695834754_251622640_n

ひさびさ50アップの52cm!うれしーい♪

14458851_1142462865834637_937660896_n

14442710_1142462875834636_600475136_n

ローライトだったので、わたしが普段使っているアクションコパーの偏光グラスだと近くの水中はよく見えるけれど遠くのウィードを判別しづらいと気づいた。夫のトゥルービュースポーツをかけてみると遠くのウィードを見分けやすい。次からは複数持ってきて使い分けよう。

実は前回、ビッグボーイ上田さんに「肉眼で水の色を確認してルアーの色を決める」と教えてもらって、目からギルくらいのウロコが落ちた。そのおかげで今まで当たり前のように使っていた偏光グラスをときどきはずしてみて新たな発見があった(紫外線や異物から目を保護するためにも偏光グラスは必須だけれど)。

私が釣ってわりとすぐ後、夫のサカマタシャッド6インチにも、体高ある51cm!

14459734_1142462922501298_1511007210_n

さらに2回も、これより大きいはずのバスが夫のサカマタに喰ってきたけれど、潜り込まれてサカマタだけ持って行かれる悲劇orz

そして無情にも風が吹き始め、ボイルシューティングタイムは終了。

その後ビッグベイト中心でがんばってみたけれど、タイムアップ。

14445458_1142463005834623_872570627_n

↑スナップはバクシンスナップ♪

途中、プラスチックゴミも拾いつつ。

 14469341_1142462975834626_274572647_n

本日のMVP!今年初のリアライザーJr.フィッシュで50アップが出て大満足。常にタックルボックスに入れてボイルに備えていたのだけど、ついに活躍するチャンスに出会えてよかった。

14463788_1142463052501285_1412275660_n

重さではサカマタフィッシュに負けたけど、長さはリアライザーJr.フィッシュのほうが長かったし、ここは長さ基準で私の勝ちってことで(欧米か!←懐かしい)。

でも、振り返って思う。

大きなボイルが断続的に起こっているとき、ほんとうは、すぐにキャストできるように我慢して待つべきだったのかもしれない、とか。

あのときウィードにどんどんクランクを当てても釣れたかもしれない、とか。

もしもあのとき、と考えてもやり直すことはできないけれど、そうやって反省したことを次のチャンスに活かせるのが釣りの醍醐味。いや人生も。

次のチャンスは、きっとある。

巻物への愛を込めて、枕草子風に。

 

春はこれ。もう、冬がだいたい予想できる笑↓

 

琵琶湖よ今日も、ありがとう。

14483493_1143296982417892_1363587194_n

note も更新しています:「釣りが教えてくれた大切な考え方

マリンブルーの爆風に抱かれて。コリマグ修行!~Bass Fishing at Lake Biwa, August 31

14193739_1125847940829463_1369156531_n

2016/8/31、台風10号の直撃は免れたものの爆風予報の琵琶湖。

今回はビッグボーイ上田さんにガイドをお願いしました♪

上田さんはガイド業での釣果はだいたい8~9割クランク、残りがミノーその他だそうで、私と同じ!当然ながら、巻き倒す覚悟で出発💪

台風前は30℃以上あった水温が一気に20℃前半まで下がったので、どう影響するのかわからないところ。

14249064_1125847427496181_1284411542_n

最初は、たて系のウィードの根元にあてていく感じでコリマグ250を巻いていく。

シャロークランクよりも角度が急になるメリットを活かしてウィードに突っ込ませ、壁に追い詰められたかのように演出してバイトを誘う作戦。ローギアだと突っ込みが甘くなるのでハイギア(ギア比6~7)がよいそうで。

でも、朝イチからこんな爆風で釣りやすいとはいえず・・・(⇩動画)

 

移動しながら、場所によってはコリマグ350に切り替えて、どんどんウィードにあてていく。ラッシュがくると3投に1回くらい釣れるそう・・・楽しみ。

だけど8月は猛暑続きなので(今年は特に雨が降らなかったし)、お客さんの精神的・体力的に1日巻き続けるのがキツいこともあるそうで💦

私は以前ブログにも書いたとおり、琵琶湖で初めて釣れたのがコリガンMRで、そこから取り憑かれたように巻き続けて、むしろ1日巻くのが当たり前という感覚。

「いつくるかわからないから巻き続けるしかないですよね」

と上田さんとも話していたのだけど、1日中巻けるかどうかは、釣った経験に基づいて信じ切れるかの差が大きく、体のほうはもう「慣れですね」と。

 

この日は爆風のおかげで涼しく(唯一のメリット笑)、そういう点では楽。あとは巻くだけ!

14248896_1125847720829485_395062482_n

風が落ち着く時間は本当に短いけれど、そういうタイミングで少しずつ釣れ始める。

14182693_1125847594162831_225211386_n

14256373_1125847850829472_1585893976_n

私にも待望のヒット!ご覧のとおり爆風。

14182492_1125847517496172_1330443016_n

最初はいつものソリッドセッターを使っていたけれど、カナダ藻の上やひょろひょろ程度のエビ藻を狙っていたふだんの釣りと違って、今日はがんがんウィードにあてていくのでハザードマスターのほうが良いかも(掛けてからはソリッドセッターのほうがいいだろうけれど)、とアドバイスをいただき、リールをセットし直してハザードマスターにチェンジ。

爆風にマケズ、うねりにマケズ。踏ん張ってひたすら巻く。

上田さんといえば以前にBカスタムで爆釣していたのが記憶に新しいので、Bカスタムの釣り方も見せていただき、ちょっとスピナーベイトも巻いてみる。クランクよりもどう動いているのかわかりづらいので、これはもっと練習が必要だなと実感。「ティップがぶれないよう注意する」という大事なポイントを教わったのが大きな収穫✨

日が傾くにつれて風も少し弱まり、釣れそうな雰囲気が高まってくる。

ハザードマスターはディープクランクにはバランス的に少し短いのでバレットでいけますか?とアドバイスをいただき、バレットショットで巻き始める。ラストスパート!

14182444_1125847540829503_1496077397_n

テキサスに最高なバレットショット、巻物もいけるというすごさ。ちゃっかり2本持っているのだ。

そして、夕暮れからは私も短時間に4連発🐟

やばいのがキター!と思ったら、長時間格闘の末に上がってきたのはモッサモサに藻化けしたちいちゃい子w

14218465_1125847454162845_1014499353_n

日暮れギリギリまで巻いて、夫に45アップ!

14256739_1125847360829521_1611209107_n

2人合わせてなんと約20本。「これだけ釣れたらもっとでかいのが混ざるはずなんですけど」と上田さんも苦笑い。

ふだんとは違うクランキングを学びつつ、上田さんとの会話の中で

スラップショットはアラバマに最高!とか

コリガンMRのコットンキャンディめっちゃ釣れる!とか

ちょっと投げる角度を変えたほうがいいときがある!とか
(私は「2時の法則」🕑と勝手に呼んでいて、2時の方角に投げると大きいのが釣れると思っているw)

ドットタイガーとホットタイガー間違える!とか

コリマグのほしい色が店頭でもネットでも全然見つからない!とか

スタイル・オブ・ですよね~( ゚∀゚ )」 な一日でした(だいぶ苦しいな)

フックの色や細かなティップの動きにまで注意を払うところがさすがプロだなーと、むちゃくちゃ勉強になった一日でした📝

遅くまでアドバイスいただき、ありがとうございました♪

14193572_1125847310829526_2048313154_n