初バスはジャークのあとで。- Bass Fishing at Lake Biwa, March 16

今年初琵琶湖釣行!

前回から3か月ぶり。
今回新投入のダイワのこのシューズ、履き心地良いです♫

img_9646.jpg

 

桟橋が凍るほどの冷え込み。Rangerをレンタルして、6時半スタート。

癒しのひととき。日頃のやさぐれた気分も浄化されるよう笑

天気予報では0℃〜16℃の予報でしたが。

マイナス2℃❗️

今日は、というか今日も、巻く気満々💪

img_9536.jpg

いい感じのウィードに触ると、テンションアップ↑

 

でも、3月の琵琶湖は甘くない。毎年、この時期はノーバイト祭り…。

2時間ほど巻き続けると、腕が早くも筋肉痛。日頃お世話になっているガイド前田さんから

「最近は夕方に釣れることも多いので体力温存した方が良い」

との貴重なアドバイスのメッセージをいただき、無理するのはやめ笑

右手を休ませようと、クランクをミノーに変えて、久しぶりのジャーク。

ジャークしやすいコンストリクターは持ってきていなかったので、そのままソリッドセッターで。私はこれまで9割方ソリッドセッターで釣っているので、ソリッドセッターは自分の右腕というかむしろこっちが本体じゃないかくらいの勢いで体に馴染んでいる。

いつもクランクばかり使ってしまうけれど、ミノーは厳しいときでも大きいのが釣れる良いイメージがある♫

 

そして、今日も。

7〜8投したところで、ぐいーんと引っ張られる手応え‼️

img_9658.jpg

キターーーーーー!

img_9637.jpg

がっつり、ハーモニカ食い!

バリソンミノー130SPレッドリータイガー。春はやっぱり、赤なのか⁈

 

IMG_9606-1

51センチの、今年初バス!🐟

ますますテンションアップして体力も精神力も一気に回復!

………

しかし、再び沈黙。我慢の時間がさらに6時間続く。

合間に湖上のゴミ拾いもしつつ。

img_9664.jpg

最後のユウガッタチャンスにかけて、カネカへ移動。他のボートも多い。

魚探でわかるウィードの高さと、リールから伝わるウィードの感触を頼りに、こまめにルアーを変えてレンジを合わせるよう努め。

ボート際5mくらいのところでガツンと手応え!

img_9648.jpg

コリガンマグナム350に待望のクランクフィッシュ!42センチ!

img_9647.jpg

ようやった!

ボウズ覚悟だったけど、最高の1日に💗

バリさむで、バリソンな、今年初釣行でした🐟🐟