しずくくんが、泣いた日。~釣り人による清掃活動

 

釣り人による清掃活動を支援してくださっている国土交通省ウォーターステーション琵琶の twitter アカウント、しずくくん
(複数の職員さんで運営されています)

琵琶湖での釣りにも影響する瀬田川洗堰の放流量をつぶやいてくれるので、フォローしている釣り人も多いはず。

実はしずくくんは以前、釣り人に対して「怖い」という印象を持っていたそうです。

みんなサングラスをかけていて、無言で愛想もなく、立ち入り禁止の旧洗堰の柵を乗り越えて侵入し、釣り糸やタバコの吸殻などのゴミを放置して帰るからです。

 

 

でも、清掃活動を通じて私たちと交流するようになり、マナーが悪いのは一部の釣り人であること、サングラスは偏光グラスで、水中がよく見えるようになるので必須であることなどを知り、印象が変わった、もっと早く声をかければよかった、と言ってくださいました。

見かけた釣り人とも気軽に挨拶を交わすようになったそうです。

流域連携支援室の名のとおり、地域の人々の交流を支援しているしずくくんは、もっと私たち釣り人のことを知ろうと、バス釣りの雑誌や新聞をわざわざ購入して読んだり(当然よくわからないカタカナだらけ)、動画を観てくれています。

以前ブログに書いた、琵琶湖博物館研修会でもお世話になりました。

そんな風に私たち釣り人を応援してくれているしずくくんに、ある日、事件が起こりました。

その日もしずくくんは釣り人を見かけて、「釣れてますか?」と声をかけようとしました。

その瞬間。

その釣り人は、くわえていたタバコをそのまま瀬田川に放り捨てたのです。

よりによって、瀬田川を愛するしずくくんの目の前で。

怒りに震えたであろうしずくくんは早速その模様をツイートしようとしました。

でも、投稿ボタンを押すのをためらったそうです。

一緒に清掃活動をしている、私たちの顔が浮かんだからです。

こんな投稿をしたら、せっかくみんなで頑張っているのに、釣り人のイメージを悪化させてしまうのではないか、私たちが悲しむのではないか、と。

半日経って、仕事を終えて帰る直前に投稿ボタンを押したそうですが…

 

悲しみを抑えきれなかったしずくくんは、泣きながら清掃活動のメンバーに連絡をくれました。

みなさんがせっかくがんばっているのに!ごめんなさい!悔しい!!と。

そこまで釣り人のことを思ってくれて、本当にありがたかったです。もう、こんな風に泣かせたくはありません。

 🐟

2017/05/28。そんな心優しいしずくくんと釣り人が大津市唐橋公園に集まり、第10回釣り人による清掃活動が行われました。

釣り人による清掃活動主催者の twitter アカウントはこちらです↓

 

今回から横断幕も加わりました。琵琶湖南湖のディープホール、わかりますか?笑

 

清掃活動の後は、しばし交流タイム。
ただゴミを拾うだけでなく、一般の釣り人も釣りを生業とする人も、現状を変えたい有志として出会い、交流する貴重な機会にもなっています。

アメリカで開催されるバス釣りトーナメント参戦に向けて渡米直前のキムケンさんの姿も。荷造りまだだそうです笑

 ハンドメイド ルアーを中心に扱うWebショップ STUDIO SORAさんも参加してくださいました。

左からガイド前田さん、DRTの藤原さん、DRT代表の白川さんキムケンさん。

 

地元の漁協の方や住民の方、自治体の方と触れ合うきっかけも生まれています。

さらに今回は、京都新聞の方が取材に来てくださいました。ありがとうございました! 

 

その後。

釣りを勉強していたしずくくんが、この日ついにバス釣りデビューを果たしました🐟✨

もちろんこの場所、ウォーターステーション琵琶の瀬田川洗堰前で。

キャストもみごとにきまり、動画を観てイメトレしていた効果はあったかも!

偏光グラスを試してもらうと
「水の中めっちゃよく見えますね!」
と感動✨

竿先が入り込むククッというアタリも!

次にしずくくんが涙を流すのはきっと、初バスをキャッチしたときに違いありません。

解散後も地元で日が暮れるまでひとりキャスト練習に励み、刻々と変化する夕景に目を奪われ、

釣りを始めたから、今まで知らなかったこんな風景に出会えたのだな

と感動したそうです。

私たちも清掃活動を通じてしずくくんと出会えたおかげで、視野が大きく広がりました。
→「奇跡を生んだ勇気~淡海の川づくりフォーラム

 

釣り人から見て、乗り越えられない深い溝があると思い込んでいた場所に

実は豊かな水が流れていて

お互いに行き来できるのだということを

もっと信じて、伝えて、広げていきたいです。

 

 

i + ♡